先頭に戻る

子供スマホおすすめ 【月額料金が安い、見守り機能のあるスマホ】

MENU

小学生や中学生に持たせるスマホで、おすすめのスマホを紹介していきます。
子供に持たせるなら居場所確認やアプリの仕様制限などができるスマホを選びたいですよね。

 

 

小学校4年生から中学生までを対象におすすめのスマホを紹介します。

おすすめ子供スマホランキング

月額1,000円ツタヤのスマホ

月額1,000円ツタヤのスマホで有名な「TONEスマホ」がイチオシです。
ドコモ回線を利用した格安スマホになります。
提供するトーンモバイル株式会社は、スマホ製造・通信回線・販売を全て自社で行っております。
子供やシニアに特化した見守り機能が非常に充実しており、頭一つ抜きん出ています。
流行のポケモンGOやLINEも利用できます
他のAndroidと同様にアプリストアの「Google Play」からアプリをインストール可能です。

TONE

TONE公式サイト

TONE詳細

 

 

Docomo スマートフォン for ジュニア2

Docomoも子供用のスマホを用意しています。
月額の料金プランは大人と同じなので、TONEスマホに比べて月額料金が6千円と割高になります。
親もdocomoなら、データ通信容量をシェアできる「カケホーダイ&パケあえる」が使えるので月額料金はもう少し安くできますが、ITに詳しい方向けです。
SH-03Fの機種は、LINEは使えますがポケモンGOには未対応です
Androidのアプリストアの「Google Play」は利用できず、Docomoの「dメニュー」で提供されたアプリがインストール可能で、数は少ないです。

スマートフォン for ジュニア2

スマートフォン for ジュニア2の公式サイト

スマートフォン for ジュニア2の詳細

 

Softbank 安心ファミリーケイタイ

実質2年間は月額料金が無料(端末代だけ支払う)で利用でき財布に優しいのがSoftbankの「安心ファミリーケイタイ」です。
居場所確認は出来ますが、電話・メール・カメラしか使えない為、中学生になると物足りなくなります。
親との連絡用・小学生の低学年用と割り切るならお勧めです。

安心ファミリーケイタイ

安心ファミリーケイタイの公式サイト

安心ファミリーケイタイの詳細

 

 

TONEスマホの見守り機能

月額1,000円ツタヤのスマホ「TONEスマホ」の見守り機能について説明します。
「TONEスマホ」の売り機能なので、ぜひ利用しましょう!
なお、親もTONEスマホを持つ場合は無料ですが、子供スマホのみTONEの場合は月額200円のオプション料金がかかります。
設定は「TONEファミリー」のサイト(https://family.tone.ne.jp/)で行えます。スマホやパソコンのWebブラウザから行います。
TONEスマホであれば「TONEファミリー」アプリからも行えます。Webと同じ操作です。

 

アプリの利用制限

LINEアプリを子供が利用する場合の利用制限を説明します。
1.子供がLINEをアプリストア(Google Play)からダウンロードする
※「TONEファミリー」の設定で子供がGoogle Playを利用する場合にパスワード入力を必須にすることもできます。

親のスマホ・PCから、子供のTONEスマホにアプリをインストールすることもできます。Google Playの標準機能で可能でしたが、「TONEファミリー」の管理画面にリンクが追加されました。2016/10/24追加)

2.親にアプリを使う許可の「リクエスト」をする
3.親にはメールでリクエストの通知が送られる
  「TONEファミリー」の画面で、以下のように「許可」や「利用時間」の設定を行う

アプリの利用許可

4.子供は許可されたアプリを利用できる

 

「利用時間設定」は、利用できる時間帯を指定したり、利用できる1日の合計時間を指定出来ます。
「稼働時間」で、アプリを使った時間を確認出来ます。
※LINEのメッセージの中身(やりとり)は見えません。

 

学校や塾、夜の遅い時間は、LINEやゲームを利用禁止にする使い方が出来ます。
アプリ単位で設定できるので、子供スマホとしてTONEは最適です。

[おすすめ子供スマホランキング]に戻る

 

TONEのロック

上記のアプリ単位での利用制限ではなく、子供のスマホを使えないようにロック出来ます。
曜日と時間のかけ合わせてで指定でき、細かい設定が出来ます。
平日の学校から帰った後、土日は日中OKにするような使い方が出来ます。

TONEのロック

[おすすめ子供スマホランキング]に戻る

位置情報の確認

「TONEファミリー」にログインし、「現在地」を選択すれば、子供スマホの現在地が見れます。
子供スマホで設定をする必要はなく簡単に利用できます。
通常は、次に説明するジオフェンス(指定の場所に入った時、出た時にメール通知する)機能が使い勝手が良いです。
位置情報の確認は、もしもの時や、帰りが遅い時など緊急時に便利です。

位置情報

 

Androidでも同じようにスマホの位置情報を確認することは出来ますが、設定を行わないとみれません。
「TONEスマホ」では設定不要で必要な際に位置情報を確認出来ます。

[おすすめ子供スマホランキング]に戻る

 

ジオフェンス機能

登録した場所に出入りした場合に、親に通知が送られる機能です。
学校や塾、家に帰ったことがリアルタイム(即座)に分かるので、非常に重宝します。
見守り機能で使う頻度が一番高いです。

 

下は、ジオフェンスの設定画面です。
赤枠の一番上は「名称」項目で好きな名前を付けます。
メール通知は、名称の名前で通知されえるので「学校」や「最寄駅」などを設定しましょう。
通知は、「入ったとき」「出たとき」「出入り両方」の3つから選べます。
半径は、位置を指定した中心場所から半径を指定できます。200メートルるから1000メートル(1キロ)まで指定できます。

ジオフェンス設定

 

よく遊ぶ場所として家から半径1キロを指定すれば、直系で2キロの範囲から出た場合に通知が送られます。
子供の遊ぶ場所を決めておいて守られているかどうかのチェックに使えます。
ジオフェンスは、最大で3つ登録出来ます。
5個ぐらいまで増えてくれれば言うことないのですが・・・。

 

子供が、設定した場所に入った場合には以下のようなメールが送られてきます。
メールの一覧で時間も分かりますし、毎日の子供の見守りに非常に便利です。

ジオフェンスのメール通知

[おすすめ子供スマホランキング]に戻る

歩きスマホを警告

子供が歩きスマホをした場合に警告を表示することが出来ます。
また、歩きスマホをした場合、指定したアドレスにメールを送ることが出来るので、子供が危険なことをしていないか確認出来ます。

歩きスマホ

[おすすめ子供スマホランキング]に戻る

伝言

メッセージを見落とさないように「伝言」機能があります。
子供のスマホ画面に大きく表示され長押しするまで消えません。
スマホを操作しようとすると伝言が上に表示されるので、メールやLINEと違い見落とすことがないので便利です。
「TONEファミリー」の画面から送信することができます。

伝言

[おすすめ子供スマホランキング]に戻る

ライフログ

歩数計や心拍数を計る機能があり、子供の活動量を見ることができます。
1日に20分以上かつ8000歩を達成すればTポイントが1ポイントもらえるのでゲーム感覚で楽しめます。

ライフログ

人差し指をカメラの部分にあてて、心拍を測定数を測ることもできます。

[おすすめ子供スマホランキング]に戻る

 

子どもにスマホをいつから持たせるのか?

2016年5月に国立青少年教育振興機構が発表した青少年の体験活動等などに関する2014年度の調査によると、携帯電話・スマートフォンを所持している割合は、 小1で15.5%、中2になると53.9%、そして高2では95.5%とほとんどが所持しているという数値が出ています。

 

また2014年3月に内閣府が発表した2013年の青少年のインターネット利用環境実態調査の中で、携帯電話・ スマートフォンを使い始めた時期を見みると、小学生の時から使い始めたのが半数を超え51.8%となっています。

 

この数値により、近年では携帯電話・スマートフォン使い始める年齢が低年齢化しているのが分かります。

 

私の子供は小学校6年生で、都内のためか、9割ぐらいの子供がスマホを持っていると感じています。
都内と地方によって違うとは思います。
子供を見ていると、遊ぶ約束や連絡も全てLINEでやり取りしています。
卒業までにLINEを使えないと、仲間からハネにされるということもあるようです。