先頭に戻る

MENU

TONEスマホm15のユニークな機能の1つに、
購入した箱に置くだけで自動修復してくれる機能がありますので紹介します。
知らない
ネットにつながらない、動きがおかしい際に使用します。
購入した箱を捨てないよう、ご注意ください。

ネットで購入できる廉価版m14(19,800円)は、自動修復機能はないのでご注意ください。

置くだけサポートの使い方

置くだけサポート

TONEスマホm15を購入した箱を用意します。
箱を開くと上記のように「置くだけサポート」のラベルがあるので、その上にTONEスマホを置きます。

 

TONEスマホを置いたあと

自動修復モード

置くと上記が表示されるので「OK」をタップします。

 

自動修復中

上記の4つについて確認が行われ、正常かどうかを判断し修正を試みてくれます。
不具合が見つからない場合は「問題は見つかりませんでした」と表示されます。

 

解決しない場合は、無料の電話サポートの番号が表示されます。
電話サポートは、年末・年始以外は、土日も対応しています。
格安SIMでは、TONEのように手厚いサポートはないので機械が苦手という方でも安心です。

 

まとめ

如何でしたでしょうか?
「置くだけサポート」はメディアによく取り上げられている機能です。
設定を変更して、気がづいたらネットにつながらない、動きがおかしいという時に重宝する機能です。

 

なお、「置くだけサポート」はNFC(近距離の無線技術)で実現されています。
TONEスマホを機内モードにするとNFCもOFFになるので「置くだけサポート」は使えません。
しかし「自動修復モード」には、機内モードをチェックする機能があります・・・。チェック項目が矛盾しているような・・・。
(機内モードにした後、手動で「NFC」の項目をONにすれば「置くだけサポート」は使えますが、その操作が分かる方は「置くだけサポート」を使わなくても解決できるような・・・)

 

ユニークな機能なので、購入したら一度試してみることをお勧めします。