先頭に戻る

トーンスマホm15の通信速度や制限について

MENU

TONEスマホは、月額1,000円でパケット使い放題です。
パケット使い放題の通信速度や、使い過ぎると速度制限があるか等詳しく解説していきます。

 

記事の中で通信速度を計測しています。
事前に断っておきますが「電波は水物」と言われます。
都心や地方、田舎では状況は違うので、この結果が全てのユーザーに当てはまる訳ではありませんのでご了承ください。
ここで記載している速度計測は東京でのお話しです。

 

ネットの通信速度を実際に計測

通信速度は、TONEの公式発表では「500〜600Kbps」です。
早くもなく遅くもない数字ですが、TONEのスタッフの方に聞いた話では、実測で500〜600Kbps出る数値を発表しているとのことです。

 

東京都内の出かける度に、様々な場所で速度を計測しました。
速度計測には、有名な「RBB SPEED TEST」アプリを使用しました。
まずは、計測結果の画面をご覧ください。

TONEスマホ速度

「下り」の数値が表示に関係します。
「下り」の単位はMbpsで表されています。1Mbps = 1,024Kbpsです。
結果は予想以上に通信速度は速かったです!
1Mbpsを超える場合もありました。
ネットでの検索も遅いと感じることはありませんでした。

 

Youtubeでの動画は最初は待たされるれますが、動画再生が始まるとストレスを感じることはありませんでした。
実用上は何の問題もないです。

 

3日間で300MBの通信制限があります

格安SIMのよくある落とし穴で「ネット使い放題」とうたっていても使い過ぎると速度制限が入ります。笑
TONEも例外ではなく、公式には発表されていませんがTONEの方に聞いたところ「3日間で300MBを超えると速度制限される」とのことです。
速度制限された場合は、当日を含む3日間ネット速度が極端に遅くなります。

 

3日間で300MBの通信容量言われてもピンとこない方も多いかもしれません。
Youtubeで動画やInstagramを見まくらなければ超えることはない数字です。
ご自宅にwifiがあるなら、家にいる時はwifiを使用するば通信容量は消費しません

 

もし通信制限されて困るという場合は、1G300円で「高速チケット」が用意されています。
高速チケットは、3Mbpsの高速通信でネット通信が出来るオプションです。
高速チケットで通信をしている間は、3日間で300MBの速度容量は消費しません。

 

高速チケットは「マイプラン設定」アプリで、特定のアプリの際に使ったり、1日単位にどのくらい使うなど細かい設定が出来ます。
主にはYoutubeで動画をたくさん見たいという方向けに用意されているオプションです。
なお1G300円という値段は、他社の半額適度の値段なので安いです。
注意点としては月に2回までしか高速チケットを購入できない点です。

 

まとめ

TONEスマホm15の通信速度は、実測値で「500〜600Kbps」以上の数値が出ており表示が遅いというストレスはありませんでした。
また通信制限もYoutube動画を1日10分ぐらいであれば問題ありません。
色々試してみて、通常使用で困る事はなく快適に使用できるという結論です。

 

m15は、テザリング(m15をルーターとしてPCなどをネットにつなぐ機能)も出来るので、イザという時に役立ちます。