先頭に戻る

子供のスマホ依存症大丈夫?対策方法は?

MENU
スマホ

 

子供がスマホ中毒で不登校になった?
スマホに集中しすぎてご飯も食べない?

 

 

小学校からスマホを使っている子供がだいぶ増えています。
しかし、本来子供を守るために持たせたはずのスマホが、返って子供の成長に悪影響をもたらす可能性もあるって考えたことはあるでしょうか…

 

スマホを使っている子供が増えたことから、今や小学校からも定期的にスマホ使用に対するアンケートも行われています。

 

親子の間でスマホ使用に対するルールが決められているのか、そのルールは守られているのか、中毒するほどスマホに集中していないのか…などなど、スマホを安全に使うために必要な内容がほとんどです。

 

それほどスマホは子供にも普通に使われることが多いため、万が一依存症になった場合は取り返しのつかない状況になるので注意が必要です。

 

子供のスマホ依存症とは?

子供のスマホ依存症とは、何をやってもスマホが手放せないことを言います。
ご飯を食べてもスマホから目が離せなかったり、スマホに熱中しすぎて時間が経つのを忘れたり、不登校になったりして、とにかくスマホを手から離せないことです。

 

しかも、その依存症が重症化すると脳が委縮し、麻薬中毒患者と似た状態になるため非常に危険です。

 

自我が芽生え、ある程度自己責任能力がある年齢の場合はさほど心配になりませんが、脳がまだ発達途中の小学生の場合は注意が必要です。

 

そんな、子供に深刻な影響を与えるスマホ依存症を防ぐためには、その症状をしっかり把握し、重症化する前に適切に対策して早期治療を試みることが大事です。

 

子供のスマホ依存症の症状

 

子供

 

スマホ依存症は、軽度・中度・重度の3つの段階に分けられます。

 

■軽度

・食欲がなくなる
・眠れなくなり、寝不足が続く
・目が疲れ、視力が低下する場合がある
・肩こりや、筋肉痛を引き起こす
・姿勢が悪くなり、体が固くなる
・勉強にやる気がでず、成績が下がる
・集中力が下がる
・スマホをいじらないと不安になる
・友達と遊ばなくなる
・家族と会話をしたがらない

 

 

■中度

・頭痛、めまい、吐き気を繰り返すようになる
・目の奥が痛くなる
・体力が低下し、ぽっちゃりし始める
・体がだるく、疲れやすくなる
・何をやってもスマホを手放せなくなる
・何事にも興味を示さなくなる
・理由なくイライラし、性格が暗くなる
・授業中に居眠りをしたり、授業自体をサボることが増える
・感情の起伏がなく、表情に変化が見えない
・人と会いたがらない、喋らない

 

 

■重度

・不登校になる
・手足が震えるようになる
・運動神経や、感覚がにぶくなる
・栄養不足で痩せ細る場合がある
・心身の疲れで衰弱する
・生活に対する意欲を失う
・幻覚や、幻聴症状が起こる
・自傷行為をするようになる
・ひどい場合は自殺につながる
・人と会うのを避ける
・ネットがすべてだと思う

 

体も脳も発達途中にある子供がスマホ依存症になると、健康面や生活面だけでなく、精神面や対人関係・学業にまで様々な影響をもたらすので、家族全員で子供の変化をしっかりチェックし依存症の進み具合を把握しないといけません。

 

*ちなみに、スマホ依存症と同時に起こる可能性の高い合併症もあります↓

・ADHD(発達障害を引き起こす)
・アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)
・うつ病
・不安障害
・強迫性障害
・双極性障害

 

子供のスマホ依存症に気づかず放置すると、以上のような合併症を引き起こしてしまう可能性があり、そうなると治療が難しくなるので早期発見・早期治療はとても大切です。

 

子供スマホ依存症の対策方法

 

親子

 

子供のスマホ依存症の段階をしっかり見極めたら、適切な対処法で依存症がもっと進まないように・改善できるようしっかり対策しましょう!

 

親子でできるスマホ依存症対策

子供と話し合い納得した上で、適切なルールを決めることが大事です。

 

・スマートフォンにフィルタリング機能を付ける
・夜○○時以降は、スマホを使わないという約束を決める
・1日のスマホ利用時間を決める
・メールや通話の相手を決める
・約束の時間になったら子供からスマホを預かる
・個人が特定できる写真を公開しないようにする
・利用するサイトやアプリを把握する
・ブログや掲示板への書き込みをさせない
・有害サイトを利用できないようにする
・ルールを守れなかった場合に、どうするかを決めておく
・親子の会話や、お出かけの時間を増やす

 

まとめ

子供のスマホ依存症の症状や対策法に付いて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
当てはまる項目はありましたか?

 

子供がスマホ依存症になるのには、家族の責任も大きいと思います。
子供が1人で寂しい思いをしないよう、普段から1日10分でも子供としっかり向き合い、会話や家族とのお出かけの時間を増やして子供が家族の愛を感じるようにすることが大事です。

 

また、初めて選ぶスマホも重要だと思います。
子供に悪影響がないようしっかりしたフィルタリングサービスが付いていて、時間やアプリ制限もできるスマホが適切だと思います。

 

 

ちなみに、我が家で使用しているのは、スマホ機能で唯一東京都が推奨するTONEスマホです。

 

TONEスマホだと、小学生から高校生までそれぞれの子供の年齢に合わせて機能を選ぶことができるだけでなく、フィルタリングはもちろんアプリのダウンロードやサイト利用などもすべて親がコントロールできるため、初めて持つスマホとして最強だと思います!

 

しかも、月々たったの1,000円という安さで家計にもやさしい

TONE

TONE公式サイト

TONE詳細

 

我が家では小学校と中学校の子供にそれぞれ違う機能を設定していますが、今の所困ったことや危険なことは一切なく、機能も使い方大満足でTONEスマホを選んで本当に良かったなぁ〜と心から思っています^^

 

あくまで個人的な感想でしたが…
これから子供に初スマホを持たせる方は、ぜひ参考にしてみて下さい(*’▽’)