先頭に戻る

トーンスマホ 子供のホーム画面

MENU

TONEスマホの子供用のホーム画面、アプリを追加するまの流れを詳しく解説します。

 

選べる3つほホーム画面

TONEのホーム画面

画像の左が「子供用」です。
真ん中は「シニア(年配向け用)」、右は保護者用です。
どのホーム画面を使うのも自由ですが、それぞれの利用者を想定した使い勝手になっていますので、子供用のホーム画面を使うことになります。

 

子供スマホのホーム画面の変更は、「TONEファミリー」の管理画面から保護者(管理者)が変更することができます
子供は自由に変更できないので安心です。
もし子供が高校生になって通常のAndroidのホーム画面を使いたいと言われたら、ホーム画面を変更すればOKなのでTONEスマホを長く使えます。

 

子供スマホでアプリを追加する手順

1.子供用ホーム画面を設定した直後

子供のホーム画面

保護者が子供スマホの画面を「子供用」に設定した直後の画像です。
何もアプリが並べられてないまっさらな状態です。

右下の「+」ボタンでアプリの使用許可・許可されたアプリを配置するなどの操作が行えます。
左下の「*」ボタンでスキン設定(色の設定)、アイコン表示設定(背景色は文字を表示するか)が行えます。

2.子供はアプリの許可を求める

アプリの使用許可

この画面は「1.子供用ホーム画面を設定した直後」で右下の「+」ボタンを押した際に表示される画面です。
アプリを使うには、親に許可を求めます。
使いたいアプリを選んで「リクエストする」をタップします。

子供はGoogle Playで使いたいアプリをダウンロードし、この画面で親にアプリ使用許可の「リクエスト」を行います。
※Google Play起動時にパスワードを入力させるように出来ます。
※親のスマホやPCで、子供スマホにアプリをインストールすることもできます。

 

3.親がアプリの許可を出す

アプリのリクエスト

子供がアプリの「リクエスト」を行うと、指定したアドレスにメールが届きます。
親は「TONEファミリー」の管理画面に入り、アプリの許可を出します。

アプリ毎に使用できる時間帯や、合計使用時間を設定できます。

 

3.許可されたアプリをホームに追加する

アプリのリクエスト

親が許可をすると、子供スマホで「パパパパーン♪」というポップが音楽が流れます。(^^
許可されたアプリは「プレゼント」に送られます。
「1.子供用ホーム画面を設定した直後」で右下の「+」ボタンを押した際に表示される画面で「プレゼント」タブを選択し、ホーム画面に追加したいアプリを選びます。
「ならべる」ボタンをタップするとホームにアプリが追加されます。

 

ホーム画面に追加されたところ

ホーム画面に追加されたところです。
アプリの並び順は変更できます。
タップすればアプリが起動します。

 

子供画面のカスタマイズ(設定変更)

子供用のホーム画面では、変更できる内容は多くありません。
背景色などを変更できます。

背景色の変更

ホーム画面の変更

赤枠をタップすると「スキン設定」「アイコン表示設定」が出てきます。
「スキン設定」は、背景色を変更するための設定です。
あらかじめ用意された「ポップ」「カラフル」「パステル」「モノトーン」の4パターンに、写メなどを設定できる「背景画像を選ぶ」があります。

 

「アイコン表示設定」は、アイコンの背景色の表示有無、アプリケーション名を表示するの2つが設定できます。

 

いくつかホーム画面を変更してみたところです。
主に色の変更が行えます。

変更したところ

 

まとめ

如何でしたでしょうか?
子供用のホーム画面はシンプルで、使い方も子供ならすぐに慣れると思います。
大人だと物足りなく感じますが、子供にはシンプルで操作も簡単です。

 

TONEスマホは、Androidで配信されているアプリの、ほとんどを利用できるます。
LINEやゲームなど子供が飽きる事はなさそうです。